牛乳嫌いな子供の給食問題とその対策、飲めなきゃダメなの?

孫が牛乳嫌いで全く飲めません。

「来年小学校に入学するのにどーするの?」

・・・と親である娘に言ってみても
娘も牛乳が嫌いなので全くやる気が無いようです。

今は昔のように「お残しは許しまへんで!」
とうようなコトはないと思いますが

それでも孫が牛乳を飲めないまま
小学校に入学したら

困るのではないだろうか、
ツライ思いをしたら可哀想と

バーバは一人で心配しております。

克服法はあるのか?

あるなら何とかしたいものです。

Sponsored Link

そもそも牛乳が飲めない理由?

なんで牛乳嫌いなの?飲めないの?
って聞くと大体理由は

ニオイが無理
 
牛乳独特のにおい、飲める私でもわかる気がします。
苦手な人にはどんだけに感じるんでしょう。

いつまでも残る後味

これもわかります。牛乳嫌いな人にはイヤな味が
いつまでも口に残ったら耐え難いですよね。

牛乳アレルギーや乳糖不耐症

体質の問題ですけどアレルギーのショック症状は
命にかかわることですし、

乳糖不耐症のように体質的に乳製品を消化しにくく
お腹が痛くなったりします。

普通そういう場合、わざわざそんな食費を
食べたがらないですよね。

私の息子は牛乳は大好きですけど
乳児期に卵アレルギーだったせいか

今でも体が覚えているらしく、
卵は嫌いと食べたがりません。

牛乳嫌いでも飲む方法

飲みやすい味にする

牛乳は嫌いでも「ミルメーク」を入れると
飲めるという子供は多いですよね。

味もコーヒーやイチゴ、バナナなど
種類も豊富ですが

でも、牛乳大好きな息子は
入れたら嫌がりましたので

好きな子にわざわざ買わなくても
良かったようです(笑)

「強い子のミロ」も家に在庫しても
牛乳好きは興味を示さないです。

甘いジュースと混ぜる

牛乳にりんごジュースを混ぜると
飲みやすくなると聞いたことがあります。

ほとんどの子供が抵抗なく飲むらしいので
これなら孫も大丈夫かもしれません。

ただ、牛乳と分離するということで
見た目で嫌がる子供もいるかもですね。

うちの孫はこのタイプ。

なんせ牛乳も飲まないで嫌いと言ってるし。

母親の影響でしょうかね。
(この母も小学生までは飲んでいたのです) 

その他にサイダーと牛乳を混ぜると
美味しいという人もいますが、
炭酸が苦手な子は無理かもしれません。

牛乳嫌いで給食をどう乗り切るか

誰だって食べ物の好き嫌いは
多かれ少なかれあるのに

どうして牛乳嫌いだけが
より深刻に給食の心配をすることに
なってしまうのでしょう。

家では工夫しだいで飲みやすくして
飲むことが出来たとしても

アレルギーや乳糖不耐症などの
体質的な問題でもない限り

嫌いだからという理由だけでは
学校では認めてもらえないのではないかと
多くの人が不安になっています。

私が孫の心配をするのもそこです。

近年は人が牛乳を飲むということについて
賛否両論どちらを信じていいのかわからないほど
否定派の意見もなるほどと思えたりします。

そんな中、学校給食には毎日牛乳が出ます。

給食のメニューの中で
ほぼ毎日出るのは牛乳だけなので

牛乳を嫌いな子はダメな子、あるいは
困った子というイメージになりがちです。

息子が小学生の時ですがクラスに牛乳が
まったく飲めない女の子がいました。

残すことを許されていたようでしたが
4年生になった時に

クラスの取り組みとして
「苦手なことに挑戦しよう!」と

それぞれ苦手なことを頑張って
参観日に結果発表をしたことがありました。

牛乳が嫌いな女の子は
毎日少しづつ飲める量を増やしていき

とうとう半分まで飲めるようになったと
誇らしげに発表していました。

この子はこのようにして
牛乳を飲もうと努力しましたが

低学年の頃から学校側が無理に
飲ませようとしなかったことで

このように自発的に
取り組めたのではないかと思います。

小学校へ入学する前に
必ず教師と保護者との面談があるので

この時に牛乳がどうしても
飲めないということを話しておき
理解を求めておくべきだと思います。

学校や担任の考えは色々ですが
もはや、牛乳は無理して飲むものではない
そんな時代です。

戦後の物資が不足していた時代に推奨された
牛乳にばかり頼らなくても

他からカルシウムもたんぱく質も
摂取していけば栄養的には問題ないはずです。

牛乳が飲めない子供は
ただ牛乳が嫌いなだけの子供です。

人参やピーマンが嫌いな子供と
同じように考えれば良いはずです。

ゆっくり見守れば
いつか飲めるようになるかもしれないし
大人になってダメかもしれない。

それはどんな食品だってそうですよね。

まとめ

・牛乳が飲めない理由は独特のにおいや
 いつまでも残る後味

・アレルギーや乳糖不耐症の体質的問題

・他の味をつけると飲みやすい

・学校給食への対策としては
 入学時に学校側へ飲めない理解を求める

 

Sponsored Link