ポテチをやめて1年半、痩せなかったけど今思う事

カスミです。

長年苦しんだポテチ症候群を
昨年ようやく克服して1年以上が過ぎました。

今日はその依存症が治ってから
生活がどのように変化したのかを
お話したいと思います。
 
                       

Sponsored Link

  

ポテチ症候群が治っても痩せなかった

私がポテチを怪獣のごとく食べまくっていたことは
恥を忍んで前に書きました。

(こちらを参照)
ポテトチップス依存症で30年苦しんだ私が克服出来た理由
      

食べなくなったら痩せるかな、いやきっと
痩せるに違いないと信じて疑わなかったあの頃、
(遠い目・・・)
    

でも、現実はそんなに
簡単なものではありませんでした。

何故って代わりに食べたいものが
ちゃ~んと現れるからなのです。

  

禁煙中の人がタバコの代わりに
お菓子を食べてしのいでいるうちに
太ったりするアレですかね。

タバコをやめるとご飯が美味しくなって
つい食べ過ぎて太っちゃうなんてハナシは
定番の『禁煙あるある』ですけど

それと同じようなカンジで
それまで全く食べたいと思わなかった
チョコや和菓子をだんだん
つまむようになってしまいました。                  
                             
 

ポテチに依存している最中は
他のお菓子にはほとんど興味が
無かったので

このような自分になってしまうとは
正直予想外のことでした。

TVのCMでよく見るような
超有名なお菓子の味さえも
知りたいとは思わなかったのです。

 

今更ながら、
世の中にはこんなにも
美味しいお菓子が沢山あったのだと

それを知ることが出来て
うれしいような、

これまでの人生で損をしていたような
複雑な気持ちです。
 

でも、不思議なことに

どうせ痩せないなら
ポテチ依存症を治した意味ないじゃん!
・・・とは思ってないんです。
 

体重も見た目もあんまり
変わらないけれど、

食べたあとの自己嫌悪感が
全然違うからです。

 

ポテチを食べてる時って、

美味しい!うれしい!
という気持ちよりも

何か他のチカラに突き動かされて
体を支配されているかのように

とにかく食べると安心して、
その後に自己嫌悪に陥って・・・

その繰り返しにとても疲れていました。

                              

でも、いくらポテチじゃなくても
本能のままにお菓子食べるのは
そろそろ考えないといけませんね。

まずは制服のサイズを
ひとつダウンさせないとヤバイです。

 

ポテチ症候群が治って良かったこと

ポテチ症候群から解放されて
一番良かったと思うことは

もうポテチを買わなくちゃ!って
思わなくても良くなった事です。

買っちゃいけないと思っているのに
何かに操られたかのように買ってしまう

そんな自分の中の大いなる矛盾と
もう向き合わなくても良いんだって

それに気が付いた時
とても楽になれた気がします。

ポテチを食べた後の後悔って
他のモノを食べた後のそれとは

気持ち的なダメージが全然
違うんですよね。

家族にも隠れて食べていたことで
余計に罪悪感を感じていたのかなと
思いますけれど

もはや家族の前で食べられるほどの
普通の量ではなかったのです。

人に隠れて何かをするというのは
精神衛生上良くないですし

ポテチの袋を家族と同じごみ箱に
捨てることが出来なくて

それだけを別にして
捨てに行かなければならないという
面倒も無くなりました。

もうひとつ良かったなと思うのは
顔のテカリが少なくなったことです。

もうギトギトに脂ぎった顔してて
あの頃は今より化粧直しを
頻繁にしていたような気がします。

いわゆる【大人ニキビ】も出来たりして
恥ずかしかったし、痛かったです。
  
 

Sponsored Link

今、ポテトチップスを食べたくない理由

今の私は、ポテチに全く未練はないです。

何故か美味しいと思わないんです。

夏が終わると新じゃがポテチが
売り場に並びます。

私は毎年その時期になると
一度に何個も買ってレジに並びました。

今年もそんなことを思い出して
たまにはいいよね・・・って
買ってみたのですが

アレ? もっと美味しかったよね?
って、正直少しがっかりしました。

本当は危険な行為だったと思います。

また依存症に逆戻りするんじゃないかと
ちょっと心配でもありました。

そう、禁煙した人が何年かぶりで
1本だけって吸ってみたら

これまでの努力が
アッと言うまに無駄になるという
よく聞く怖いおハナシです。

自分でも、本当に不思議なんですけどhttps://pure-life.biz/
一袋の半分も食べられず

その後も続きを食べることなく
そのまま湿気ってしまいました。

私の味覚が変わったのか
ポテチが変わったのかはわかりません。

両方かもしれませんが
冷静にポテチ依存症について

本を読んだことも私にとっては
大きな気持ちの変化になったかもしれません。


ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~

私に負けず劣らずかなりのツワモノたちが沢山いてびっくりしました。

まとめ

今回はまとめようもないですが・・・

・ポテトチップス依存症が治っても
 (私は)痩せられなかった。

・痩せられなかったが、
 精神衛生上は良かったことが多い。

・依存症が治ると
 (私は)美味しさを感じなくなった。
 

※ひとつの例として参考にしてください。
 (参考にならないかもしれませんが)
 
 

Sponsored Link