砂川 北海道こどもの国は親子で遊べる施設が充実!GWはアンパンマンショーも!

北海道こどもの国は
「こどもの国」という名前のイメージを裏切りません。

子どもが笑顔になるのは親も嬉しいですよね。

広くて、散策場所も遊具も多いので
1日で全部を体験しきれないほど。

大きなすべり台やアスレチックなど
大人も楽しめる週具がある一方で

毎年GWには、
アンパンマンショーや動物とふれあえる
「こどもの国フェスティバル」もあります。

当時、3才だった孫も6年生だった息子も、
「こどもの国」を楽しむことが出来ました。
 

Sponsored Link

  

GW恒例こどもの国フェスティバル

5月3日~5月6日までふしぎの森会場で
イベントが開催されます。

参考までに2019年度のイベント案内です

アンパンマンショーなどステージショー

5月5日(日)子どもの日に
ステージショーがあります!

小さな子はアンパンマン大好き!ですよねー

1才前からの赤ちゃんでも笑顔になります。 
  
また、アンパンマンを卒業して
ちょっぴり大きくなった子も楽しめるショー
もあります。

今年はポケットモンスターのステージショー
が開催される予定です。

アンパンマンもポケモンもステージショーは
どちらも無料で観覧出来ます。

当日雨や強風など、天候が悪い場合は
場所を変更して開催されるとのことです。

動物ふれあいコーナー

ヤギの給餌体験やポニーの引馬乗馬体験ができて
動物とふれあえる場所です。

3才だった孫はここが一番のお気に入りで
ウサギにニンジンやキャベツなどのエサやりを楽しみました。

孫はほかの沢山の遊具で遊ぶよりも
ここが一番のお気に入りで

1日のほとんどをここですごすほどでした。

うさぎのエサやりが本当に楽しかったようで
帰ってからもいつまでも言ってました。

ふしぎの森は室内も屋外もスゴイ!

ふしぎの森は「ピラミッド」や「ピサの斜塔」
「万里の長城」など

世界の七不思議が小さくなって
再現されたものを遊具に利用することで

公園内でも子どもに一番人気の
有料施設となっています。(中学生以下無料)

ふしぎの森の入口は
国道12号線や道央自動車道からも見える
ピラミッドなのでわかりやすいですね。

ピラミッドで室内あそび


入口の券売機でチケットを購入して入ります。

ここは雨の日でも十分遊べるように
施設側もそこを狙って作ったようです。

もちろん、天気が良い日に来たほうが
外でも遊べてもっと楽しめますけど、

雨でお出かけ先に困ったときは
ここに来ると良いと思います。

充実の滑り台

「ドームスライダー」は
5階から2階まですべります。

日頃ゲームばかりの6年生の息子には
5階まで登るこの滑り台が

良い運動になってよかったと思います。

「らせんすべり台」は5階から3階まで
滑ります。

6年生の息子は
こっちよりもドームスライダーですが

3才の孫はこれでも怖くて無理でした。

2階から1階までの一番ちいさなすべり台に
ママがだっこで滑りました。

人気のトランポリン、吊り橋、ブランコ

トランポリンが大人気で大賑わいでした。

混んでいても、みんな気にせずどんどん
入っていくんですけど、

息子は空くのを待っていて諦めました。

ひとりで入っては行けないけど
親と一緒は恥ずかしいビミョウなお年頃。

 

屋内でいっぱい遊んだら

屋外へGO!

リニューアルされたトロッコ

私が行った2017年のGWはトロッコは
使用禁止でした。

その年の夏にはリニューアルされたので
ちょっと残念です。

トロッコには親も乗ってみたかったです。

カタンコペで地下迷路

こちらの地下迷路も、キレイに
リニューアルされたようです。

私は小さな孫が怖がったので
入りませんでしたが

息子は一人でもくもくと
いつのまにか迷路をクリアしたようです。

結構つかれるようで、1回でおしまい。

アスレチック遊具

ザウルスウェーブクライム新登場で
アスレチック遊具がさらに充実しました。

2017年にはまだなかったので、残念。
息子が喜んだと思うので。

中学生になったら、もう行かないかな?
友達も一緒だと行きそうです。

この時、3才だった孫は
大きなアスレチックにビビって
遊ぼうとしなかったので

5才になった今ならもっと
思い切り遊べるだろうと思います。

屋外の一番人気フワフワドーム

靴を脱いであがって、大人も子供も
みんな「フワフワ」しています。

直径10メートルの円状で
一番高いところでも1.5メートル。

ここは広いせいか、混雑していても
息子も気後れせずに入っていけました。

私も孫を連れて「フワフワ」しました。

息子はここが一番のお気に入りで

他の遊具で遊んでも
何度もここに戻ってきて遊びました。

なぜか楽しいんですよね。
ただフワフワするだけなのに。

他にも楽しい場所がいっぱい


・ジャンボ滑り台

大人もここは一度滑ってみましょう

・万里の長城

総延長は850メートル。
でも、立ち入り禁止テープが張られていました。
今後のリニューアルに期待ですね。

・ストーンヘンジ

日時計で太陽の動きを見て学べます

・ピサの斜塔

中に入ってらせん階段を昇ることが出来ます。

でも、外からの風景が良いですね。
是非、写真を!

「こどもの国」ふしぎの森の概要

★利用期間
4月下旬~11月中旬

★利用時間

4月下旬~9月30日 午前9時30分~午後5時

10月1日~11月中旬 午前10時~午後4時

★利用料金
【4月下旬~9月30日まで】

高校生以上 500円

中学生以下 無料

【10月1日~11月中旬まで】

高校生以上 300円

中学生以下 無料

★所在地

北海道砂川市北光336番地7

詳しい地図はこちら
 

★駐車場

無料(929台)

お昼少し前に到着した時は
ほぼ満車状態で苦労しました。

こどもの日はアンパンマンショーがあるので
更に混むと思います。

お早めのお出かけをお勧めします。

あとがき

札幌と旭川の中間あたりにある
砂川市の北海道こどもの国は

広く道民に愛されているようで

私の職場の同僚も、子供が小さい頃は
「行った、行った!」と話題になります。

私が2年前に行ったあとに
施設や遊具がリニューアルされて

増々充実した
「こどもの国」になっているようですので

GWにはぜひ家族で
遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
 
 

Sponsored Link