雪まつりも大丈夫!冬道を転ばずに歩くコツは2つだけ

また冬道を歩く季節になりました。

私は子供の頃から雪国育ちなので
冬道の歩き方は自然と身についていました。

とはいえ、1年に1回は転びます。

だから決して冬道の達人だとは
思っていないのですが

本州から来た人が凍結した道を走る私を見て
エラくびっくりしていたんです。

ただ、遅刻しそうだったんで
必死だっただけですが・・・(;^_^A
 

でもでも、雪がめったに降らない地域の人は
雪や凍結で滑りやすい道を歩くことなんて
ほとんどないですもんね。

本当はコツなんていうほど
大げさなモノでもないんですけど
 
ちょっと気を付けるだけで、
誰でも上手に歩けるようになるんです。
 

雪まつりを見に来ても、もう大丈夫ですね!
               

Sponsored Link

冬道は小さな歩幅でペンギン歩きがコツ

気温が下がって降った雪が除雪でギュッと
圧縮された朝の道はとても滑りやすくて

そんな日はよちよちペンギン歩きをします。

コツその1

・歩幅を小さくして歩く

そうなんです、この歩き方は
進むのが遅いんですよねー。

だから、私のように遅刻ギリギリじゃなくて
時間に余裕を持たないと出来ないですね。

コツその2

・足の裏全体を路面につけることを意識する

なるべく重心は前のほうにおいて、
足の裏全体で路面を歩くことを意識します。

かかとから路面につけないようにしましょう。

慣れないと、うまく出来ているのかな?
って不安になっちゃいますが

意識するかしないか、それだけで全然違います。

冬道の滑りやすい場所

私がたまに転びそうになる場所は
いくつかありますが

・交差点などの横断歩道

歩道から横断歩道へ入るときに
下りの傾斜になっていることが多いです。

砂袋などが置いてある場所もありますが
要注意です。

横断歩道を渡るときは
車道を歩くことになりますが

何台もの車のタイヤで研磨されて
ツルツルになっていて滑りやすくなっています。

・地下鉄駅・地下街出入口付近

ここは人の出入りが多いので
ツルツル路面が出来やすい場所です。

更に駅や地下街に入ってからも
靴が雪や水で濡れているので滑りやすくなっています。
  

Sponsored Link


・雪道のビニールなどのゴミ

私がまだ20代の頃のコトですが、

ある日、子供をソリに乗せて
引っ張って歩いておりましたら

透明なビニール袋が道に捨てられていて
気づかずに踏んでしまいました。
 

雪の上のビニールは恐ろしく滑ります。
(雪国の子供はわざわざ雪の山から
お米の袋をソリの代わりにして滑って遊ぶくらいです。)

この時、腰を打撲してしばらく寝込みました。

雪道といっても凍結していたので
骨折したかと思うほどホント痛かったです。
 

ゴミは捨ててほしくありませんが
もしも私のように踏んだら大変です。

ビニール袋、ポリ袋などは
絶対に踏まないように気を付けてくださいね。

まとめ

★滑りやすい雪道はペンギン歩き

・歩幅を小さくゆっくり歩く
・重心はなるべく前に、足裏全体で歩く 
 

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする