札幌でお花見、桜のトンネルをお散歩できる白石こころーどは究極の穴場!

桜のトンネルを歩くお花見は
自然とこころが華やぎます。

そんな白石こころーどは札幌市民でも
知る人ぞ知る花見の穴場です。

人混みとも場所取りとも無縁の
淡いピンクの散歩道は

毎年沢山の人が訪れる名所となった今でも
控えめな桜並木を満喫させてくれます。

ちょっと寄ってみようかな?
気楽にふらりと行ってみたくなる
癒しの場所なのです。

Sponsored Link

白石こころーどの桜並木の見ごろは?


白石こころーどの桜は
4月下旬から5月上旬が見ごろです。

ここは元々は「白石サイクリングロード」という
名称で永いあいだ親しまれており

サイクリングやジョギングを楽しみながら
さっそうと桜並木を通り抜けるのも
とても気分が良いものです。

散り始めた桜の花びらが舞うトンネルを
自転車やジョギングで走るのも

ウォーキングなどでゆっくり眺めても
とても贅沢な気持ちになります。

そして、散っている花びらに
ほんの少しの寂しさを感じる自分に
ちょっぴり浸ったりして・・・。

子供の頃にこんな道を歩くと
きっと感性豊かな人になると思いますよ!

白石こころーどの桜のトンネルがあるのは
南郷7丁目あたりから13丁目くらいまでの
わずかな距離ですが

こころーどは沿道に沢山の桜が植えられており
桜以外にも季節の花を楽しむことが出来ます。

特に地下鉄白石駅近くの「環状夢の橋」から
東札幌に向かっていくと

「ふれあいの並木道」にたどり着きます。

ここは昭和56年に、新たな桜の名所にしようと、
地域住民らの手によって関山桜の苗木120本が
植樹され、今日に至っています。

苗木が大きくなり、美しい桜の名所として
最近は取り上げられるようになりましたが

そうなるまでには地域に住む人たちのゴミ拾いや
手入れなど、沢山の努力があることも忘れてはなりません。

白石こころーどはどこからどこまで?

白石こころーど(旧白石サイクリングロード)の正式名称は「道道札幌恵庭自転車道線」。現在、札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目)から、厚別川に架かる虹の橋(札幌市白石区南郷通21丁目南)を渡って白石区を抜け、さらに、厚別区を通り、JR北広島駅まで続いています。

白石区のHPではこのように説明されております。

以前は、サイクリングロードという名前だったので
イメージとして自転車優先なカンジでした。

そのため、
ジョギングの人などは自転車に遠慮しなきゃ・・・
みたいな雰囲気もありましたが

平成27年に広く区民から募集して決まった
この「白石こころーど」になってからは

犬の散歩の人もウオーキングの人も
もちろん自転車の人もみんなに親しまれる
憩いの場所となりました。

桜の名所としても、更に広まっていくと
良いなと思います。
                       

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする